このページの先頭へ戻る
電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら

外壁塗装の必要性リブウェルはあなたの住まいのかかりつけ医を目指します

外壁塗装の必要性

私達の生活は住まいによって守られています。その住まいは、屋根外壁によって守られていますが、屋根材や外壁材を雨や紫外線から守っているのが 1ミリ程度の薄い塗膜なのです。
この塗膜には、寿命(耐用年数)があり新築時よく使用される塗料(ウレタン系)で8~10年。 現在、新しく開発されているフッ素系塗料で15年~20年と言われています。

それに対して日本の木造住宅の寿命は30年~40年、この住宅の建材を保護している塗膜が劣化し痛んでしまうと屋根材や外壁材などが 直接雨や紫外線を受けてしまうことになり、 住まいの構造体の劣化や雨漏りの原因ともなってしまいます。

建物内に水が浸入すると断熱材が湿気を含みカビが発生します。 また湿気を含んだ材木は白蟻を呼びます。
ゆえに、お住まいを守っていくためには、住宅の一生の間に2~3回、 表層の塗膜の寿命に応じて屋根材や外壁材の『塗り替え』が必要となってくるのです。

うちはまだまだ大丈夫!と思われた方。 外壁塗装に早すぎるといういうことはありません。 なぜか? 外壁がしっかりしている状態で塗装すれば高耐久塗料など本来の性能が発揮できるのですが、 これが痛んだ外壁には密着性も下がってしまいますし仕上がりもよくありません。
人間の体と同じで病気をしてから手当をするより病気になる前に予防する。 そう、外壁塗装もこれと同じなんですね!
 慌てさせるつもりはありませんがこれを読んだ方は、是非早めに『予防』してくださいね!


下の写真の症状がでてきたら予防時期のサインです。

壁を触ると白くなる(チョーキング) コケ微生物汚染 壁にところどころひび割れ
塗膜の膨れや剥がれ 目地シーリング部に亀裂 木部の塗装の剥がれ


 


まずはお気軽にお問い合わせください ご相談お見積もり調査無料 0120-928-222

外壁塗装リフォームキャンペーン 諸経費コミコミ598,000円 シリコン塗装プラン 耐久年数9年~12年

ジョイントエンペラーキャンペーン 塗料だけにこだわっていませんか? 外壁塗装の新定番

通話料無料!携帯電話PHSもOK! 営業時間9:00~17:30 0120-928-222

お問い合わせ